【体験】東京でシェアサイクル借りてみた

f:id:hacohugu:20180630190443j:plain

少し前から東京の街中でよく見かける広告の入った赤い電動自転車。どうもドコモが実証実験としてやっているシェアサイクルらしい。

 

東京・自転車シェアリング広域実験(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・大田区・渋谷区)

 

実証実験とはいいながらも、サイクルポート447か所、自転車5,090台(2018年3月末時点)とかなり大規模。どこで借りてどこに返してもいいのでこれは便利そう。

ということで利用してみました。

 

借りてみた

まずは登録が必要だが、これは結構面倒だった。一時利用でも登録必須なので、事前に登録しておいたほうがいい。

 

借りるのも予約した自転車を探して、パスワードを入力してなので結構面倒。会員証があれば楽に借りられるみたいなので、日常的に利用することを想定しているのかもしれない。


クレジットカードを登録しておけば利用料が自動で引き落とされるのはすごく楽。

 

乗り心地

乗り心地ははっきり言ってあまり良くない。シートが硬くてお尻が痛くなった。
あまり長時間乗れるものではないなという印象。

でも東京は坂道多いので電動アシストは助かる。ギアは三段、アシストの強さも変えられる。

 

返却

登録以上に面倒だったのが返却。

パンフレットには返却所のラックに返すよう書いてあるけども、行ってみたら全て埋まっていた。サポートに電話してみるも通じず。別の返却所に行ったらそこにはラック自体なかった。

このあたりパンフレットでも全然説明されてないし、結構戸惑うところだと思う。

 

ちなみに後日電話で聞いたら、ラックがあるところはラックに返却、無いところはそのまま停めるだけでいいらしい。満席の場合は他の返却所を探さないといけない。

 

どこも空いてなければ延々と返却できないことになる。これは不便。

 

感想

電動自転車をどこでも借りられてどこでも返せるというサービスはすごく良かったけど、登録とか返却とか要所要所で不便に感じてしまう。場所も分かりづらいから旅行者は使わないだろうな。HPも見にくい。

 

それと、このサービスの問題ではないけども、そもそも東京自体が自転車には厳しい環境だった。歩道狭いし、人も車も多いし、坂多いし

しょうがないけど、福岡でメルチャリを利用したときと比べるとストレスが半端なかった。

 

結局、UberEATSの人たちにほとんど占有されて実験終了して消えそう